お座敷デスコクリニックでちょちょいのチョイ♫

ヤヴァい病と立ち向かい、ヤヴァい音などを聞き、でも丁寧に生きるオバさんゲイクリニック(水着審査あり)

30年前。19歳。初めての彼氏。がくれた一本のテープ。

高2でmaharaja あたりとかのDISCO通いだして、

 

ユーロビートやHI-ENGあたりのPOPなHIT曲をメインに聞き始め、

 

ハウスミュージックが流行りだして、踊る音メインで聞いていたあの頃。

 

 

1987年、19歳でDJブースがある元ディスコだったゲイバーでバイトし始めて、

(そのゲイバーについては後日詳しく♫)

 

そこで知り合った5つ上の泉佐野漁港で働いているという人と出会った。

 

 

僕「何聞くんですか?」

 

 

彼「new waveとか、ネオアコとかかなぁ?」

 

 

僕「ネオアコ?」

 

 

その後、ドライブに行くことになって、

 

 

 

聞かせてもらったのがこのアルバム。


"North Marine Drive" & "Summer Into Winter"

 

 

今やネオアコの金字塔ともいえる everything but the girlの片割れ

 

BEN WATTのソロ ミニアルバム。

 

 

彼「確か星座、水瓶座やったよな?こんなん好きかな?って思って。」と。

 

 

大阪湾あたりの水辺を眺めながら、手を繋いで、軽く愛撫されてコレ。

 

 

魚屋のヤサ男がこのあまりにも耽美的な音を教えてくれた。

 

 

もう、レイプされてしまったような感触に囚われた。

 

 

彼は、無類のレコードジャンキーなのを知り、

 

 

毎週会うたびに、編集したテープをくれた。

 

週末はラブホに泊まり、起きたら大阪中のレコード屋めぐりをした。

 

 

僕のDJカルチャーの礎を作ってくれた人。

 

 

2年くらい付き合って、痴話喧嘩がもとで別れて、

 

 

それから10年くらいして再開して、交流したけどまた喧嘩して離別。

 

自我のアイデンティティーが確立されまくってた人だったから、

 

敵も味方も多かったあの人。

 

10年くらい前だったか。

 

自室で孤独死してたと友人が教えてくれた。

 

 

音に犯される。

 

 

どんなSEXよりも、ドラッグよりも、

 

あの人が教えてくれた数々の曲たちが僕を誘ってくれる。

 

冷え込んできた年末年始の夜にふと、思いついて久しぶりに日記書きました。

 

 

 

駄文でスマセン。

 

androidからテスト?

新しいモトローラスマホから書き込みテスト?

 

?

 

??

 

?

 

?
f:id:over593:20161219082033j:image
f:id:over593:20161219082040j:image